ゴルフクラブにとってのシャフトの役割

ゴルフというスポーツは平均600メートルを400ヤードとする広大な土地を、硬いゴム製の堅いボールとゴルフクラブを使って4だから6打の間までカップのある場所まで飛ばし最後にカップに入れるスポーツです。

そのため当然ながら後降るクラブを使ってボールを飛ばさなければならないのですが、人間の技術をしっかり伝えるゴルフクラブが必要になります。

1人1人に合ったワクチンのウッドのシャフトの総合案内サイトです。

そこで人間の技術の一部遠心力の部分をボールに伝える部分としてあるのが、ゴルフクラブの細長い部分の尺と打つ部分のヘッドの間にある部分のシャフトです。


シャフトがあることよってどんな効果が得られるのかというと、先に言ったとおりにゴルフは600メートルを4打から5打で上がるために遠くに飛ばす必要があるのですのがその際に体の勢いの力をうまくボールに伝える必要があります。

そこでシャフトは細くやわらかい材質である尺の部分が振りおろした際の発生するねじれのエネルギーを一度集約し、その集約したエネルギーを余すことなくヘッド部分に伝えることが役割です。

NAVERまとめのココだけの話をしましょう。

そのためドライバーでは第1打で飛距離が必要のためカーボン製のような軟らかい材質でできておりそして第2打から使われる2番以下のアイアンでは飛距離よりも正確性を重視されるのでカーボン製ではなくトルクのような硬い材質を使って手に馴染むようにすることで正確性を向上させています。



そのことからゴルフクラブにとって最も重要な部分であり、其の手入れをしっかりしうまく使えることがスコアアップの近道と言えます。